水戸市・ひたちなか市・那珂市を中心に茨城県の皆様の相続のお悩みを解決!初回相談は無料です!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせ 相続相談の予約フォーム

029-221-2675

受付9:30〜17:30
(12:00〜13:00はお昼休み)

相続Q&A

当事務所の解決事例を検索する

  • 遺産に土地があり、それを売却したいが、どのような相続手続きを経るのか?

    A:結論からいうと,遺言書がないかぎり,相続人全員で遺産分割協議をすることが必要です。 相続がおこると,遺産がどうなるかですが,相続がおこったときに,遺言書があるかないかでその後の扱いが異なります。 遺言書がある場合には […]
    続きを見る
  • 生前贈与されてそれが不動産でも遺留分を請求できる?

    (1)遺言書によって多額の財産が特定の人に渡されると、そのため相続人が取得できる財産が減ってしまい、遺留分侵害(最低限保障されている取り分が取得できないこと)が起こりえます。 このほかに生前贈与であっても「遺留分」を侵害 […]
    続きを見る
  • 子どもがいない場合の遺産配分どうなるのか?兄弟姉妹に遺留分が認められる?

    子どもがいない夫婦のケースで、相続人は誰かを確認しておきましょう。 配偶者は常に相続人になります。ここでいう配偶者とは、法律上婚姻していると認められた配偶者です。したがって、いわゆる内縁の妻は、相続人にはあたりません。 […]
    続きを見る
  • 被相続人の死亡から3ヶ月が経過した後でも相続放棄できますか?

    被相続人の死亡後3か月を経過した場合でも、相続放棄の申述を受理してもらえるケースがあります。 例えば、死亡後3か月経過後に、債権者からの督促状が届いて多額の負債が判明したケースなど、やむを得ない事由がある場合です。この点 […]
    続きを見る
  • 夫婦に子どもがいない場合に遺言は必要?

    子供のいない夫婦に、遺言は必須と言えます。子供がいない場合、配偶者のほかに、被相続人の親または兄弟姉妹が相続人となります。法定相続分は、配偶者と親が相続する場合は、配偶者が3分の2、親が3分の1(両親健在の場合には父母そ […]
    続きを見る
  • 相続放棄はいつまでにしなければいけませんか?

    相続放棄をするには、家庭裁判所に申述する必要があります(民法938条)。 相続放棄の申述は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内にする必要があります。 ただし、この期間は、家庭裁判所に請求することに […]
    続きを見る
  • 土地を相続し相続登記しなかった場合、どのような不都合が生じますか?

    相続登記をしなくても、長年、何の支障もないとおっしゃる方もいます。 しかし、いざ土地を売却したり、賃貸したりしようとした場合に、相続開始から長い年月が経っていると、相続人が増えて遺産分割協議が難航することになります。 実 […]
    続きを見る
  • 配偶者居住権とは何ですか?

    配偶者居住権とは、被相続人が死亡して配偶者に相続が発生したときに、被相続人の建物に配偶者が居住していた場合、この建物について無償使用権限を認める権利です。 配偶者居住権は、①遺産分割や相続税の支払いのために、被相続人の配 […]
    続きを見る
  • 寄与分が認められるのはどのような場合ですか。

    寄与分とは,被相続人の生前に,財産の維持・増加に特別の貢献(=寄与)をした者について,遺産分割時に法定相続分を超える額の遺産を取得することを認めることです。 特別の寄与をした相続人に与えられる利益を「寄与分」と呼びます。 […]
    続きを見る
  • 相続人に認知症の者がいる場合はどうなるの?

    相続人の中に、認知症の方がいる場合には、家庭裁判所に成年後見の申し立てを行い、成年後見人を選任する必要があります。 成年後見人が、認知症の当事者に代わって遺産分割協議を行うことになります。最近では高齢社会のため、相続人の […]
    続きを見る
PAGETOP PAGETOP
30分初回相談無料

029-221-2675

受付9:30〜17:30
(12:00〜13:00はお昼休み)