水戸市を中心に茨城県の皆様の相続のお悩みを解決!初回相談は無料です!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせ 相続相談の予約フォーム

029-221-2675

受付9:00〜18:00
(12:00〜13:00はお昼休み)

相続でお困りの方へ

遺産分割お困りバナー

相続はある日突然に起こります。

大切な人が亡くなるだけでもご家族にとっては辛いことですが,相続に関していろいろな手続が必要となります。やらねばならないことが多く,ご家族にとって慣れないことが多いため,意外に大変で,精神的に負担となります。

また、相続がおこると,相続人どおしで話し合いをしながら,遺産を分けなければなりません。その話し合いの際に、いままでの表面には現れてこなかった問題が顔を出すことがあります。

家族であるからこそ,これまでなかなか言い出せなかった想いが,相続をきっかけに表面化してくることがあります。たとえば,

お子さんが相続人となった場合には兄弟間の格差とそれに関しての嫉妬が出てくることがあります。

具体的には、

亡くなった親が長男と同居していた場合などです。

他の相続人からすると,長男は親に優遇されてきたと見えていたりするため,相続の際には,せめて同じように扱って欲しいという想いになって現れることがあります。また,

親と同居している子がいる場合には,同居している子が親の介護を担当する

ことが多いのですが,それを他の相続人が理解してくれないということもおこります。介護の辛さは介護を担わなかった他の相続人には理解しにくい面があります。そのように介護で苦労をしているのに,何もしていなかった他の相続人から同じように権利主張をされると、つい「お前は親のために何をしてきたのだ」と言いたくなります。

また,長男長女が実家を継ぐという慣習がある地方では,家を残したいという思いがあるため、民法上定められているからといって相続分が平等というは受け入れがたいものです。平等な相続分分割をしたら、結果的に、先祖から続いてきた実家がなくなってしまうという思いがあります。

この他にも,いろいろな想いが交錯するのが相続の場面です。このような想いを背景とした話し合いにおいては,お互いの意見が食い違い、相続争いとなってしまうことがあります。そうなるとその精神的負担には計り知れないものがあります。

遺産分割で相続人同士が揉めるのは、家族間でコミュニケーションが圧倒的に不足しているためです。

親も含めて,誰もが将来の話し,相続の話しをすることはありません。そうなると,それぞれの想いが調整されずに,相続が発生してから,その想いをぶつけ合うことになり,それがエスカレートしてしまい,後戻りができなくなるのです。また,コミュニケーションが不足している家族間では,気持ちや考え方をどう伝えればいいのかがうまくありません。「家族だからわかってくれるはずだ。わからなければおかしい」という気持ちがあるのかもしれません。そのため,悪意はなくとも他の相続人の想いを十分に配慮せずに、一方的にものごとを進めてしまいがちです。そうなると相手も配慮されていないと反発し,お互いに意地になってしまいます。このようになると当事者同士では話し合っても,相手の言葉を悪意のあるものと受け止め,その結果、争いが激しく,かつ長期化してしまい、お互いに精神が消耗してしまうこともしばしばです。相続争いになってしまった当事者の方の多くは、相続争いのことが頭から離れずに、睡眠不足や食欲不振などに陥り、体も精神面もダメージを受けてしまいます。

相続に関して,私たち弁護士は力になれると思います。

弁護士は争いになってから頼むものだと思っていないでしょうか。しかし、争いになってからしか弁護士を利用するのでは遅いと思います。

可能であれば,生前の時点で,将来の争いが起きないように弁護士を利用していただきたいと思います。これについては,遺言書を作るのが一般的ですが,実は法律的に有効な遺言書を作るだけでは不十分です。遺言書を作る目的は家族が争わないようにすることですが,さらに一歩進めて,家族が円満に過ごせるように工夫をする必要があるのではないでしょうか。遺言書を作成したためにかえって争いが起こってしまったケースもあります。そのためには,相続だけではなく,ファミリーの将来の在り方についても可能であれば話し合いをしていただければと思います。具体的には,家族会議で,未来に向けて家族の方向性について話し合いをすることです。

遺言書作成サポートバナー

次に,相続が発生してしまってからも,できるだけ早めにご相談いただきたいと思います。早い段階であれば,感情面などの行き違いからトラブルになることを防げます。先ほど述べたとおり、弁護士は,これまで数多くの紛争を扱っており,他の相続人がどのようなお気持ちなるのかを想像し,他の相続人のプライドや感情を傷つけずに,円満に話し合うことをアドバイスすることができます。弁護士が前面に出て交渉するのではなく,ご依頼者の裏方としてサポートすることができます。

また、相続に関して意見が対立し,もめそうな状況になってからは,弁護士が依頼者様をサポートすることにより、それまで誰にも話をすることができなかった相続争いに関する悩みを相談することができます。実は,これによってかなり精神的な負担が軽減されます。また、状況をふまえて的確な法的アドバイスをさしあげることができます。局所的ではなく,全体,将来を見渡して、最終的な結論がどうなるのかを予想しながら、あなたにとってベストな選択をアドバイスすることができます。また、直接,他の相続人と話し合うことや調停等の手続をすることが負担だとお感じのこともあろうかと思います。そのような場合でも,私たち弁護士があなたの代理人として、あなたに代わって、相手方と交渉することや調停の手続を進めることもできます。

遺留分ページ誘導バナー

特別受益と寄与分バナー

以上のとおり,相続が発生する前から,相続が発生して、もしかすると揉めそうかなと少しでも感じた場合でも、できるだけ早いタイミングで、弁護士にご相談ください。

いったん、感情的に揉めてしまうと、解決までに膨大な時間がかかることが多く、また、揉めてしまうとその後の家族の関係は完全に断ち切られてしまうことが多いからです。揉める前にご相談いただければ、迅速な解決の可能性が高まります。

ご相談の際は、今抱えている疑問、浮上している問題、親類縁者の状況、故人のこと、等々、より多くの情報があるほど、アドバイスがしやすくなります。私たちには守秘義務がありますので、ご相談いただいた内容は、外に漏れる心配はありません。

弁護士への無料相談受付中!

当事務所は、初回相談を完全無料で承ります。

遺産分割や遺言書作成など相続に関わるご相談は当事務所にお任せください。

当事務所の専門家が親切丁寧に対応させていただきますので、まずは無料相談をご利用ください。

予約受付専用ダイヤルは029-221-2675になります。

お気軽にご相談ください。

電話予約バナー

メールでの相談予約バナー

無料相談について詳しくはこちら>>

事務所紹介について詳しくはこちら>>

PAGETOP PAGETOP
30分初回相談無料

029-221-2675

受付9:00〜18:00
(12:00〜13:00はお昼休み)