水戸市・ひたちなか市・那珂市を中心に茨城県の皆様の相続のお悩みを解決!初回相談は無料です!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせ 相続相談の予約フォーム

029-221-2675

受付9:00〜18:00
(12:00〜13:00はお昼休み)

遺産分割の調停と審判

遺産分割のお困りバナー

どうしても(話し合いでの)遺産分割協議がまとまらない
話し合いが堂々めぐりで一向に進まない
相続人の一部が、そもそも話し合いに応じてくれない

このようなときは、遺産分割調停を家庭裁判所に申し立てる方法があります。調停を申し立てるべきか、交渉を続けるべきか、判断が難しい場合は、専門家である弁護士にご相談ください。

遺産分割調停の申立てをお考え

また、上記のような状況で、逆に他の相続人から調停を申し立てられることがありますが、調停を申し立てられた側は戸惑ってしまいます。そのような場合も、ぜひ弁護士にご相談ください。

遺産分割調停の申立てをされてしまった方

遺産分割調停の申立をしたほうが良い場合

遺産分割協議を当事者間で進めてみたが、ある1人の相続人が自分の取り分を多くしたいといってきかない
お互い主張を譲らず、いくら協議を続けてもらちがあかない

上記のような場合に、遺産分割調停の申立を行うと、遺産分割が進みやすくなる場合があります。

遺産分割調停の申立をお考えの方へ

遺産分割調停に際しては、弁護士に事前にアドバイスを受けるか、代理人になってもらって、調停に出てもらうのが良いでしょう。

調停を有利に進めるためには、調停委員にこちらの主張の内容をしっかりと理解してもらう必要があります。調停委員がなるほどと理解できるように分かりやすく明確に言い分を整理して提出することが重要です。依頼者の権利を最大限確保できる法的主張を丁寧に組み立て、証拠を提出することが重要になります。

その際、調停がまとまらずに審判に移行することも視野に入れておく必要があります。調停で提出された資料は、その後の審判の際に判断する材料になります。ですから、提出するものが後々どのような影響をもたらすのかを考えなくてはいけません。後を見据えながら対応することが重要です。そのためには専門的な知識が必要です。

調停の段階で当事者の方だけで弁護士のアドバイスを受けずに不利な主張をしてしまっていたというケースも少なくありません。すでに裁判所へ提出してしまったものは取り戻すことができないので、困ります。

また、相手方が弁護士をつけてきた場合には、プロ対素人の構図になってしまい、あなたに不利になってしまう場合があります。その場合は、こちらも弁護士をたてることをお勧めします。

できるだけお早目のご相談をお待ちしております。

遺産分割調停を申し立てられてしまった方へ

(話し合いで)遺産分割協議を進めているときに、相手方から遺産分割調停の申立を受けることがあります。その場合には、裁判所からの通知を無視せず、または焦って性急な対応をすることなく、ぜひ弁護士にご相談ください。

裁判所へ書類を提出する場合には、その後、それがどのように影響を及ぼすのかを熟慮していただきたいと思います。提出された資料は、その後、判断する材料になります。ですから、提出するものが後々どのような影響をもたらすのかを考えなくてはいけません。後を見据えながら対応することが重要です。そのためには専門的な知識が必要です。

調停は話し合いの場ですので,柔軟に早期の解決を図ることができたり,予想以上に相手方から譲歩を引き出すことができたりする場合もあります。しかし、しっかりとした見通しを立てて臨まないと必要以上に妥協を求められることもあり得ます。

当事務所の弁護士は、そのような遺産分割調停を申し立てられてしまった方への対応の経験があるため、安心してご相談いただけます。

遺産分割調停の段階から弁護士に依頼するメリット

調停では法的知識を非常に強く要求される点、調停委員を介した交渉が大変である点から、調停の段階で弁護士に依頼するメリットは大きいでしょう。

調停を有利に進めるためには、いかに調停委員に納得してもらえるように、証拠を用い、主張を組み立てるか、ということが重要になります。その際、当然、審判に移行することを想定して、主張を組み立てることが重要となります。そのような 主張の組み立てについて、相続に積極的に取り組み、実績の多い弁護士が熟知しているので、よほどご自身の法的知識が豊富で、交渉力に自信がない限りは、弁護士に依頼されることをおすすめいたします。 

遺産分割審判とは

遺産分割の調停が不調に終わった場合、審判手続に移行します。

遺産分割審判では、裁判官が、双方の主張を聞いたうえで、審判を下します。

審判の結果に不服がある場合は、2週間以内に抗告する必要があります。

可能であれば遺産分割審判へ移行する前に、調停段階で、なるべく手続きに明るい法律専門家に依頼したほうが良いことが多いです。ぜひ弁護士に相談しましょう

遺産分割は弁護士にお任せバナー

当事務所のサポートについて

当事務所では、遺産分割調停で困りの方に、弁護士から最適なサポートを提供させていただいております。

初回30分無料相談

当事務所では、相続の相談について、初回30分を無料とさせていただいております。

不動産の遺産分割について、あなたの不安点を親身にヒアリングさせていただき、弁護士が相続の不安点を解消できるように、ご提案させていただきます。

気になることや不安なことがあれば、ささいなことでもお気軽にご相談ください。

遺産分相談バナー

遺産分割サポート

遺産の分け方について、あなたのご希望をお伺いしたうえで、ご希望を実現するお手伝いをさせていただきます。

不動産などを含む遺産の分け方を相続人同士で協議する遺産分割について、交渉や法的手続のプロフェッショナルである弁護士がサポートいたします。

遺産分割サポートバナー

具体的には、遺産分割に関する書類作成や遺産分割の交渉をあなたに代わって進めること調停や審判に進展してしまった場合の代理人の依頼を、当事務所の弁護士がお引き受けいたします。

※遺産分割協議から調停・審判に進展した場合、追加で着手金(ご依頼いただいた際に頂戴する前金)をいただいております。

弁護士への相続の相談をご検討されている方へ

お早目に弁護士に相談いただくことで、相続や遺産分割問題について、あなたのご希望に可能な限り応えられる解決を実現する可能性が高まります。

また、遺産分割協議の段階で弁護士に交渉をご依頼いただくことで、比較的短期間で解決に進められる可能性が高まり、あなたの貴重な時間が奪われずに済み、またご家族・ご親族間の関係性も悪化させずに済むことが多いです。

上記のような理由から、「遺産分割協議が進まない」、「自分の希望どおりには遺産分割協議が進められそうにない」と少しでも思ったタイミングで弁護士への相続の相談をおすすめしております。

失敗しない弁護士の選び方バナー

PAGETOP PAGETOP
30分初回相談無料

029-221-2675

受付9:00〜18:00
(12:00〜13:00はお昼休み)